小日向31番地(文京区) 2018年

文京区関口1ー5-6

設計施工:ワシン建築事務所

設計補助:湊健雄事務所

撮影:乙咩 海太

周辺は開発に沸きマンションが建並びはじめ、街の様子が急激にかわってきた中に残る昔ながらの地蔵通り商店街。飯田橋・神楽坂からも近い下町風情の一角。この中で希少に残った昭和な外観を持つ2階建空き物件の再生計画。徒歩圏内に大手印刷会社や出版社なども多く、生活にも仕事にも便利なエリアである。お店をたたんでから永らく空き家であったのを1階には店舗二つ、2階はSОHОとして使える住戸を二つ、という区画割りで計画を始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平面プランは既存構造の制約に割り切りよくあわせ、デザインは全体的に使われているよい素材をよみがえらせるコンセプトとした。古くくたびれた感はぬぐえないが再利用する価値のある素材が随所に残されている。外観は瓦や洗い出しの外壁がレトロで、内部は特に2階住宅の一部に良質な和の造作材が使われている。建設同業者もみな、昔の本格的な旅館の様だと高評価でこの時代までよく残ったと感心していた。今では壁面の洗い出し技術を持つ左官屋さんは少なく、また、骨董屋で売られている様な照明器具達も貴重である。当時の雰囲気は残り設備の整備や動線に使いやすさが加わり、素材の良さが際立つ品よく雰囲気のよい空間に完成した。甦えらせた建築を建築業自ずから運営し活かしてゆく試みとし、多くの人々の目に触れる撮影スタジオ・レンタルスペースを始めることとした。和文化を大切に活動する方々と協力し、急速にすたれていってしまいそうな日本が培ってきた技術や文化の継承へ貢献し、発信をしたい。

詳細・予約サイト https://coubic.com/edobatakaigishitsu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔はこの辺りを小日向といったそうである。当時の住所、小日向31番地が建物名称となった。また、神田川が近く水源が豊富の様で周辺は井戸が多く残されている。

 

201 C号室 江戸端会議室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202 Ⅾ号室(賃貸住戸)