FLAG&POLE (大田区・木造2F建) 2014~2016年

建築家:一級建築士事務所芦澤竜一建築設計事務所

構造設計家:永井拓生

ワシン施工担当者:田村・廣木・二瓶

日経アーキテクチュア 2017  3-9 掲載

旗竿の変形敷地にあわせ平面プランは湾曲した壁を持っている。屋根も敷地奥から道路側先端に向かう傾斜の中でねじれながらおちてきている。壁は最高位置から構造合板で一体に固められ跳ね出し先端のキャンティレバーが成立している構造。構造の合板と釘が表しになった大胆な内装仕上げとなっている

%e2%91%a0

%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e8%a6%8b%e4%b8%8a%e3%81%92

DSC_2485

%e5%a4%96%e5%a3%81%e8%a6%8b%e4%b8%8a%e3%81%92

 

 

%e2%91%a2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%e5%b1%8b%e6%a0%b9%e3%81%86%e3%81%ad%e3%82%8a

DSC_2379

 

 

 

 

DSC_2484

 

 

DSC_2490

%e5%a4%a9%e4%ba%95%e8%a6%8b%e4%b8%8a%e3%81%92

DSC_2494

DSC_2494

 

DSC_2432

DSC_2435

DSC_2439

 

 

 

 

DSC_2502

DSC_2291

DSC_2434

木構造施工について

躯体の施工が終わり構造が固まったところで、道路側の片持ち部の支えとしていた支保工柱を撤去することとなった。視覚的には柱が先端荷重を受けている様に見えていたので、予定通りに片持ちが成立し先端位置が確保されるかが皆の関心事であった。支保工柱を切断したところ、先端が浮く離れ方をして、施工が構造計算通りに成立していることが証明されている。

DSC_2268

DSC_2157