Tadaima Japan 新宿旅館(新宿区荒木町)2017年

運営:Tadaima Japan 新宿旅館

設計:梁建築設計

撮影:アーキフォト株式会社 田岡信樹

石畳が残り風情ある四谷の一角 荒木町。階段が多いすり鉢状の地形で、散策していると神社が現れたり、沢山の飲み屋さんが軒を連ねていたりととても魅力的な街並みの上に、東京の中心に位置しどこに観光へ行くにもアクセスがよい。

荒木町1

SANYO DIGITAL CAMERA

荒木町2

四谷三丁目の駅からほど近い路地裏の角地に建つ一棟を旅館にリニューアルとなった。瓦や御影石が和風な外観を醸し出し、エントランスには数寄屋風の素材が使われる。スタッフの方々が自ら選んだ骨董家具や時代の絵画が飾られて、”日本” を沢山感じる雰囲気となっている。2階と3階が宿泊部屋となり、躙り口の様に低い入り口に縁側の様な上り框がつけられ、ゲストはここで靴を脱いでかがんで部屋に入る。部屋には畳、長押、障子、すだれ、ほのかな明かりなど日本伝統の建築手法の多用。造作材は無垢の杉材に柿渋の染色等天然素材。寝具はふかふかのお布団。あらゆる”和”に囲まれてとても居心地がよい空間。共用で玉砂利洗い出しのお風呂と二つのユニットシャワーブースの備えがあり、多人数で囲める食卓もある。緩やかに仕切られた空間や共有のスペースでゲスト同士が触れ合う機会も必然とうまれる。スタッフの方々の心使いやおもてなしも随所に垣間見れ、よい旅の思い出がつくられるのだろう、と想像が膨らむ。

01-RYO20171221_mini

02-RYO20171221_mini

03-RYO20171221_mini

04-RYO20171221_mini

05-RYO20171221_mini

06-RYO20171221_mini

07-RYO20171221_mini

08-RYO20171221_mini

09-RYO20171221_mini

10-RYO20171221_mini

11

12-RYO20171221_mini

13-RYO20171221_mini

14-RYO20171221_mini

15-RYO20171221_mini

16-RYO20171221_mini

17-RYO20171221_mini

18-RYO20171221_mini

19-RYO20171221_mini

20